無利息の期間内に返済しよう

お金に困っている時はお金探しに必死

 お金に困った時には、家の中に本当にお金がないのか私は片っ端から探しますね。なぜなら、以前にそうして家の中をひっくり返していたら、以前に私が使っていた財布の中から5千円出てきたことがあったからです。お金に困った時の5千円は大きいですからね。そのときは、飛び上がって喜びましたよ。

 

 私は財布をいくつか替えているので、替えるときにきちんとすべてのお金を移し入れていないと、そのようなラッキーに遭遇することがあります。また、キャッシュカードについても同様で、以前引き出し忘れたお金が口座に残っている場合がありますから、ダメ元でキャッシュカードの残高も確認しますね。

 

 いずれにせよ、お金に困っている時はお金探しに必死になるということです。
プロミス、借り方のコツ - 本人確認の方法

限度額を少なくすると防犯へと繋がる

通常、カードの月ごとの限度額が所有者が日々使う以上に多く設定されていると使用者は問題ないと誤解し必要以上にクレカを使用してしまったりするものですね。

 

こうしたクレカ使用の危険を制御するために決済可能な上限金額を自主的に低めにしておこうというのが、この文のメインとなります。

 

限度額の引き下げ方▼カードの上限額をコントロールするやり方は月ごとの限度額を上げる方法といっしょで、とても便利です。

 

クレジットカードのバックに書かれているフリーダイヤルにかけて「月の利用限度額を下げたい」等とセンターの人に言うだけです。

 

おおむね現時点での利用限度額と比較して低い金額であれば、特別な審査なしでその場で申請ができてしまいます。
利用限度額を少なくしておくのは防犯へと繋がる月ごとの限度額を引き下げておくことは、節約という効果以外に危険を避けることにもなります。

 

もし仮に、財布の中のクレジットカードが紛失等により悪用されてしまったような場合でも、クレカの限度額をきつく決めていたなら危険を最小限にすることもできるからです。
覚えておいてほしいのは、仮にカードが偽造された場合でもクレカのユーザーに過失がない場合は、盗難保険という名前のしくみがフォローしてくれるし不安になることはないわけですがもしもの時のことを頭に入れておき不必要な月ごとの限度額は下げるようにしておくのも良い方法だと思います。
必要のない余裕はデメリットでしかないのです。

キャッシングをする人はどういう人か

キャッシングをしなければいけない状況にある人とはどういう人なのか。普段の生活を少し豊にしたいくらいで
キャッシングをするというリスクを負う人はいないでしょう。きっと急な出費、結婚式、学費などどうしても払わなくては
行けない状況になった人がキャッシングするんだと思います。そういう人にいいキャッシング会社があります。
それはすぐに返済すれば利息がかからないキャッシング会社です。レイクなどでは借入額の内、5万円まで契約日
の翌日から180日間無利息で融資を行っていたりします。こういったサービスは消費者にとってとても優しい
いいサービスですよね。キャッシングには利息がつきものです。少しでも利息を払わなくてもすむように、早く
返済してしまうことはもちろんのこと、こういったサービスを有効利用していきましょうね。

失業期間中にお金に困った

自己都合で退職したことがあるんです。
失業保険がもらえるまで給付制限があったから、その間は無収入で、お金には困っていました。

一人暮らしだから、毎月家賃や光熱費など、多くのお金が消えていってしまいます。
たった3ヵ月だったけど、お金を工面する事ができずに困っていました。

親から借りるのも気が引けたし色々と考えて、定期預金を担保にお金を借りたんです。
定期を崩すのはもったいないし、だからといってキャッシングするのにはかなり抵抗があったので、この方法を取りました。

3ヵ月後からは失業保険がもらえるようになって生活も安定してきたし、マイナスになっていた定期預金の口座にも少しずつお金を入れるようにして、何とか転職するまで頑張れました。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法